葬式する前に知っておくべきこと!

葬式費用は事前見積で安くなります

葬式費用を安くするというより、適正な価格で行うために知っておくべきポイントがあります。
いくつかのポイントを抑えて申しこめば、葬式費用は必ず安くなります。

 

費用を安くする契約の仕方や葬式タイプの選び方を紹介しますので参考にして下さい。

葬式を高い費用で契約してしまう前に

葬式というのは誰しも経験豊富なわけではありません。

 

殆どの人は葬式の相場を把握していない場合が多く、最近までは葬式費用を比較するという考え方もありませんでした。
しかしながら、不明瞭な価格設定で高額な値段を提示している葬式社が多いのが現実です。

 

必要以上のお金を支払う前に、予備知識を持っていれば余計なお金を払わなくて済みます。

 

こんな葬式社は費用が高いので注意!

 

病院と提携している葬式社

病院には提携している葬式社がいます。亡くなるとすぐに寄ってきて葬式の話を持ちかけてきますが、費用は通常価格~高額な設定です。
大切な家族が亡くなって動揺しているときですので、つい任せてしまいがちですが、余計な費用が含まれていることが多いので注意しましょう。

病院で葬式社に声をかけられても契約は避けましょう

 

互助会や各種保険などに付帯の葬式

積立の形や生命保険などに付いている事が多い葬式の形式ですが、決して安くはありません。
払ってしまっている場合は仕方ありませんが、これから契約するような場合は避けましょう。

支払総額が15万円以上になる場合は避けたほうが無難です

 

近所の葬式社

地域で葬式の受付をしている葬式社です。昔ながらの価格設定で費用は高めの場合が多いのが特徴です。
近所付き合いがあるかと思いますが、どうしても避けれない場合以外は契約はおすすめできません。

宗教別、宗派別の葬式スタイルのみの葬式執行の場合が多く、費用はかなり高めです。

 

上記の会社で契約した場合の葬式費用は約120万円から250万円になります。

最安値の葬式費用は18万7千円

葬式費用というのは葬式のスタイルでも値段が変わります。
お通夜や告別式を行わない火葬のみという形や、通常の葬式と同じで執り行われる家族葬などがあり、それぞれ内容も値段も異なります。

 

葬式のスタイルは大きく分けると3つです。

 

家族葬

身内のみで行う形の家族葬といわれるものです。周囲に告知しないため密葬などともいわれています。
この金額の中には葬式に含まれるほぼ全ての費用が含まれています。
通常の葬式である通夜と告別式が行われる葬式であれば、38万7千円です。

 

一日葬

お通夜をせずに告別式と火葬を行う形が一日葬と言われるもので、33万7千円で行えます。

 

火葬

お通夜と告別式を行わない火葬のみのプランが18万7千円となります。

 

最近増えているのが上記の3つです。故人の生前の意向で「葬式は身内だけで行うこと」といったことを遺言で書かれている人も多いです。また、エンディングノートに「葬式に必要以上のお金を使わないこと」と書かれる方も多くなりました。

 

火葬のみのプランであれば、通常の金額と比較すると十分の一(9割以上安い)費用で葬式が申し込めます。
また、通常の葬式のように「追加費用」というものが一切ありません。

 

葬式費用のために定期貯金を解約したり、お金を借り入れする予定だった方は契約する前に参考にして下さい。
安くても実績のある葬儀社を選ぶことが出来ます。

 

見積もりは無料ですので、本当に安いかどうか実際に取り寄せて確認してみてください。

 

無料見積りは下記から24時間できます。

 

葬儀コンシェル

>> 最短即日の無料見積もり <<

葬式費用を安くするなら家族葬がおすすめ

家族葬は費用を抑えた最も人気の葬式

身内が亡くなった場合、お葬式をあげることになりますが、まず、「どのようなお葬式をあげたらよいのか」それを決めることが手順の一つ目となります。

 

葬式屋さんを決定することも大切な手順ですが、その前の流れとして、一般的なお葬式にするのか、家族葬にするのかなど、故人の意思を尊重したり、家族で話し合ったりする必要があります。

 

依頼する葬式屋さんに、どんなお葬式にするのか、きちんと伝えるためには、身内でしっかりと内容を決めておくとよいでしょう。
そうしないと、葬式会社は決まったが、どのようなお葬式にするのかが、なかなか決まりません。
先に、家族葬にするのか、一般的なものにするのかがわかれば、葬式屋さんの見積もりも取りやすいですし、比べやすくなりますから、流れとしては、葬式のスタイルを決定するほうが先でしょうね。

 

最近、増えているのが身内だけでお葬式をあげる、家族葬です。
密葬と呼ばれていたこともありますが、それですとイメージが良くないということで、最近では温かいイメージの家族葬という呼び名に変わってきました。

 

「家族葬」をするとなれば、流れとして、「家族だけでお別れをする」ことを、親族に伝えて理解してもらわなければなりません。
親族でも近い方、遠い方がいらっしゃると思いますが、すべてお断りするのか、近い方ならどなたまで呼ぶのか、線引きも決めておきます。

 

この流れをきちんとして、家族葬であることを他の方に説明し、納得してもらわないと、後で人間関係のトラブルになることもありますので注意しましょう。

 

 

家族葬と普通の葬式との違い

家族葬にする場合、参列者へのお返し、お料理なども不要となりますので、葬式屋さんには、受付も返礼品も不要であることを伝えましょう。

 

家族葬や身内葬の流れの手順としては、最初に家族の間で、訃報を連絡する範囲を決めておきます。
また、同時に、お葬式に他のかたが参列されない場合でも、お香典や献花をいただいた場合の流れも話し合って決めておくべきでしょう。

 

一般的なお葬式をあげる場合は、故人のためにしたいことなどをまとめて、葬式屋さんにアドバイスをもらいながら流れを決めていくとよいですね。
手順として、訃報をお知らせする連絡リストを前もって作成しておくことをお勧めします。

 

家族葬にした場合でも、訃報を知った方が参列にいらっしゃる場合がありますし、自宅葬式の際は、近所の方がいらっしゃる場合もあるでしょう。
そうならないためにも、流れとしては、事前に訃報のなかへ「家族葬ですから参列をお断りします」という旨を入れます。

 

また、お香典や供花も辞退したい場合は、その旨をお伝えする、記載するなど、忘れないようにしましょう。
後日、死亡をお知らせする通知を出す際は、家族葬を行なったことを記載しておくとよいです。

 

通知を受け取り「お葬式に行けなかった」と残念に思う方もいらっしゃいますので、家族葬のことは書いておいたほうがよいですね。

 

葬式後の流れとして、自宅に弔問してくださる方も出てくるでしょうから、お線香を上げてくださることや、香典をいただくことを辞退するのでしたら、相手を嫌な気持ちにさせずに丁寧にお断りができるように、言い回しを考えておくとスムーズだと思います。