安い葬式を受付している東京の葬儀社

葬式費用が安い【家族葬】

葬式費用が安い家族葬について

お葬式にも様々な形がありますが、最近では身内だけの家族葬をするケースも増えています。
また、家族葬でも、身内だけではなく、親しかった友人も含めて、故人を偲び、ゆっくりとお別れをすることも多いです。
このように、小さな規模のお葬式を家族葬と呼びます。
仕事関連の方などを呼ばず、本当に親しい人たちだけでしたら、気兼ねすることがありません。
義理などでお葬式に来る人もいないので、親族や友人は、お葬式の手順や流れを気にすることなく、心行くまでお別れをすることができます。
これが、通常の葬式となると、流れや手順もしっかりと決まっていますから、それに従って行なうことになります。
家族葬は、宗教など関係なく、形式も決まっていません。
仏式でしたら、お坊さんにお願いしてお経をあげてもらう程度でしょう。
家族葬のメリットは、お葬式にかかる経済的負担が軽くなることです。
そもそも、大切な家族が亡くなったとしても、お葬式をあげる費用を捻出できない家庭もありますので、最近では、家族葬をするおうちも増えているのです。
家族葬は、時に密葬と呼ばれることもありますが、きちんと注意する点を知っておかなければ後でトラブルになってしまいます。
例えば、親族、友人などにお知らせをする際、どこまでに連絡するのか、その線引きをしっかりしておくことです。
家族葬の手順と流れの中で、とても重要なことになりますが、誰に連絡して、誰に連絡しないのか、これは家族できちんと話し合って決めておかなければなりません。

 

家族葬を行うには

お葬式に誰を呼ぶかですが、故人の意思が書面などで残っていて、知らせて欲しい人が決まっているのなら、それに添えばよいと思います。
ここを慎重に行なわないと、お葬式が終わってから「呼ばれてない」「知らされていない」ということで、人間関係のトラブルに発展してしまう可能性があるのです。
中には怒ってしまう方、責めてくる方も出てくると思いますので、密葬や家族葬を選ぶ際は、お声をかける方の選び方には慎重になりましょう。
家族だけ、親族だけとしてしまったほうが、トラブルになりにくいと思いますが、親しかった友人などは残念に感じるでしょうし、親戚もどこまでにするか線引きも難しいところです。
また、後日、亡くなったことを知って、弔問に訪れてくれる方も出てくるかもしれませんので、その辺の対応も決めておくとよいでしょう。
家族葬は、明確に形が決められているわけではありませんが、一般的に家族と親しかった方で、多くでも40名くらいの人数で行なわれているようです。
流れとしては、儀式なしで火葬のみというケースもあります。
僧侶などを呼ばず、手順としては、自宅、または、斎場の霊安室で安置して、火葬場に搬送し、お別れします。
最低でも死後、24時間は安置しなければならないので、その間にお別れをするというケースです。
そして、手順としては「お別れ会」に進む場合もあります。
形式は自由で、コーヒーや紅茶とお菓子、または、お酒などを出すお別れ会です。
会場をレストランやホテルなど、「偲ぶ会」を行なうこともあります。
そこへ、遺骨を運びこめるのか、お線香は良いのか、献花は持ち込めるのか、など、会場に確認する必要があります。
それによって、流れや手順も変わってくるでしょう。