お葬式の手配方法

お葬式の手配|申し込みと契約

お葬式までの流れと手配

お葬式に慣れている方はいらっしゃいませんから、誰もが不安に感じると思います。
信頼できる葬式屋さんにお願いできれば、相談に乗ってもらいながら手順を進めればよいだけなのですが、やはり、自分もある程度、お葬式の流れや手順について、知っておくとスムーズにことが運ぶのではないでしょうか。
知らないことばかりでも当然ですが、ある程度の流れがわかっていれば、プロにも相談しやすいと思います。
ここでは、身内の方が亡くなってから、お葬式をあげるまでの手順をご紹介しますので、あくまでも参考としてご覧いただければと思います。
もちろん、流れを覚えていなくても葬式屋さんが、すべて手配、案内もしてくれますので安心して大丈夫です。
では、亡くなる直前のことから流れをご紹介していきます。
危篤状態になったら、医師を呼び、看取ってもらいたい方に連絡をします。
ご臨終となったら、葬式屋さんに連絡をします。
病院から紹介されますが、自分で選んでもよいでしょう。
この時に必要となる内容は、故人の名前、連絡している方、連絡先の電話番号、現在、故人のいらっしゃる病院、または自宅の住所などです。
その後、病院から死亡診断書をもらいましょう。
次の手順は、お迎えと搬送です。
葬式屋さんの担当がお迎えにきます。
そして、安置後、葬式の担当者との打ち合わせ始まります。
お葬式の日時を決定しますが、この時に関係してくることは、僧侶など宗教者のこと、関係者のこと、火葬場の空き状況など、これらを考えて日程を来ます。
また、お葬式の規模を決めます。
家族葬、社葬、一般葬など、故人の意思もあると思いますし、身内の方が話し合って決めるケースも多いです。

 

葬式形式と規模の決め方

お葬式までの数々の流れのなかで、大切なことのひとつが、お葬式の規模を決めることです。
家族葬、社葬、一般葬など、故人の意思もあると思いますし、身内の方が話し合って決めるケースも多いです。どのようなお葬式にするか決定したら、次の手順は、規模に沿った、式場や祭壇などを選んで決めます。
次の流れは、お棺を選び、お料理の内容を決定し、また、会葬御礼の品物も選びます。
遺影を選ぶことも大事な手順です。
写真を選び、葬式屋さんに渡して、遺影用に引き伸ばしや加工などをお願いします。
身内で行なう手順の中に、役所への手続きもありますが、葬式屋さんが代行してくれるケースもありますので、その場合は、印鑑と死亡診断書を預けて代行をお願いしましょう。
手続きが終わると、火葬や埋葬の許可証の交付を受けることができます。
これがないとお葬式があげられませんので、忘れてはならない大事な手順の一つです。
お葬式の日時が決まったら、親族や関係者へ連絡しましょう。
忘れがちなのは、町内会や、故人が所属しているサークル、クラブなどへの連絡です。
生前から、葬式の連絡をしてほしい人のリストは作成しておくとよいのですが、なかなか難しいと思います。
ですが、最近では、このようなときのためにエンディングノートを書いておく方も増えてきましたよね。
連絡をする流れの中で、当日、受付などお手伝いをしてくれる方を探し、人数を確認して置きましょう。
そして、葬式に向けた手順として、お花の手配も必要ですが、葬式屋さんと相談してもよいでしょう。